ヒトラーを殺し、その後ビッグフットを殺した男

★★★★★★★★☆☆

「未体験ゾーンの映画たち 2020」での上映。とんでもタイトルなので地雷覚悟で鑑賞したが思いの外面白かった。ヒトラー暗殺、ビッグフット狩りという2大イベントよりも、主人公の恋愛、兄弟愛がメインという予想外の展開に目が離せなかった。

ちょっと困ったのがヒトラーが似てなかったのとビッグフットというより、原始人みたいだった点。ちなみにトム・クルーズのヒトラー暗殺計画は実は成功していたとのこと。冒頭でBilly Squierの”Lonely is the Night”が流れるのが格好良い。