佐野元春 SONGS&FRIENDS 20200208

説明が難しいライブなのでコピペすると「 武部聡志が選ぶ”100年後も聴き続けてほしい名アルバム”を、その音楽のDNAを受け継ぐアーティストが1曲目から全て再現する一夜限りのコンサート<新日本製薬 presents SONGS&FRIENDS>が、2020年2月8日(土)に東京・LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)で開催されることが決定した。 2018年3月の荒井由実『ひこうき雲』版、同年11月の小坂忠『ほうろう』版に続く第3弾となる今回の公演では、1986年に発表された佐野元春の名盤『Café Bohemia』をフィーチャー。GLIM SPANKY、小坂忠、田中和将(GRAPEVINE)、堂島孝平、中村一義、山口洋(HEATWAVE)、山中さわお(the pillows)、RHYMESTER、LOVE PSYCHEDELICOら豪華ゲストが集結し、THE HOBO KING BANDと共に『Café Bohemia』収録曲をはじめとする佐野元春の名曲の数々を披露する」とのことで、自分的には佐野元春とゲストが共演するもんだと思ってたら、各ゲストが 『Café Bohemia』 から1曲と思い入れのある佐野元春の曲を1曲演奏していくという演出でした。

Setlist

GLIM SPANKY
1.ストレンジ・デイズ-奇妙な日々
2.Happy Man
田中和将(GRAPEVINE)
3.月と専制君主
4.ジャスミンガール
山中さわお(the pillows)
5.ワイルド・ハーツ-冒険者たち
6.スターダスト・キッズ
RHYMESTER
7.COMPLICATION SHAKEDOWN
小坂忠
8.ふたりの理由、その後
小坂忠&山口洋(HEATWAVE)
9.君を連れてゆく
山口洋(HEATWAVE)
10.NEW AGE
LOVE PSYCHEDELICO
11.彼女が自由に踊るとき
12.虹を追いかけて
堂島孝平
13.シーズン・イン・ザ・サン-夏草の誘い
14.レインボー・イン・マイ・ソウル
中村一義
15.ガラスのジェネレーション
16.クリスマス・タイム・イン・ブルー
佐野元春
17.99ブルース
18.インディビジュアリスト
19.ヤングブラッズ
佐野元春&ゲスト
20.誰かが君のドアを叩いている